競売不動産用語の基礎知識 β版

Chapter11(ちゃぷたーいれぶん)

Chapter11は、倒産状態にある債務者が、Chapter7による清算を避け、事業を継続しながら、再建計画案の認可によって債務の減額、支払期限の延長を得て、事業の再建を図るための米国の倒産手続である。

Chapter11の特徴は、原則的に経営者の交替はなく、債務者が管財人と同じ権限を有すDIP(Debtor In Possession)として、資産を支配下に置いて事業の再建を図ることができる点にある。

再建計画案は、原則として、DIPたる債務者のみが、Chapter11の手続開始の日から120日以内に再建計画案を提出することができる。


【参照文献】
国際金融法概論・松浦功編著



フリーワードもしくは50音で検索してください

最近の登録

競売マンションドットコムPRO誕生

不動産競売用語をフリーワードで探す



不動産競売用語を50音で探す

 
 
           

このページのTOPへ

facebook

twitter