競売不動産用語の基礎知識 β版

配当異議の訴え(はいとういぎのうったえ)

担保競売手続の制度設計として、法は、目的物の換価後の配当のフェーズにおいて、登記名義人の債権者であることを証すべき一定の文書を提出する者を、配当に与ることのできる立場に置くこととし(法188条、87条1項、51条1項、25条)、他方で、実体的権利関係と一致しない文書に基づいてなされる配当要求については、配当要求に係る債権の実体的な権利関係を判決手続により判断して配当表に反映させ、配当の実体的正当性を保障するべく配当異議の訴え(法188条、90条1項)を用意している。

フリーワードもしくは50音で検索してください

最近の登録

競売マンションドットコムPRO誕生

不動産競売用語をフリーワードで探す



不動産競売用語を50音で探す

 
 
           

このページのTOPへ

facebook

twitter