競売不動産用語の基礎知識 β版

転抵当(てんていとう)

転抵当とは、抵当権者が自己の有する抵当権を他の債権の担保とすることをいう(民376条)。
376条1項に規定する転抵当は、その設定に原抵当権設定者の承諾を必要とせず、原抵当権者の責任でなされるものでこれを「責任転抵当」という。他方、原抵当権設定者の承諾を得て行われる「承諾転抵当」も有効であるがその内容は契約により定まる。

フリーワードもしくは50音で検索してください

最近の登録

競売マンションドットコムPRO誕生

不動産競売用語をフリーワードで探す



不動産競売用語を50音で探す

 
 
           

このページのTOPへ

facebook

twitter