競売不動産用語の基礎知識 β版

無剰余差押えの禁止(むじょうよさしおさえのきんし)

無剰余差押えの禁止とは、動産執行において、差し押さえるべき動産の売得金が手続費用の額を超える見込みがない場合に、執行官が差押えをしてはならないとすることをいう(民執129条1項)。

また、既に差し押さえた物の売得金の額が手続費用及び差押債権者の債権に優先する債権の額の合計額以上となる見込みがないときは、執行官は、差押えを取り消さなければならない(民執129条2項)。

フリーワードもしくは50音で検索してください

最近の登録

競売マンションドットコムPRO誕生

不動産競売用語をフリーワードで探す



不動産競売用語を50音で探す

 
 
           

このページのTOPへ

facebook

twitter