競売不動産用語の基礎知識 β版

固定資産税(こていしさんぜい)

固定資産税とは、固定資産の所在する市町村が、その固定資産に対して、その固定資産の所有者に課する税金である。

標準税率は、1.4%である。
普通徴収の方法による。
課税標準は、1月1日における固定資産課税台帳登録価格である。この登録価格は、3年に1度の基準年度に評価替えが行われ、3年間据え置かれる。

なお、新築住宅の特例として、固定資産税のうち床面積120㎡までの部分の税額の2分の1が減額される。減額年数は、新築初年度から3年度(マンション等の中高層耐火住宅については5年度)の間となる。

フリーワードもしくは50音で検索してください

最近の登録

競売マンションドットコムPRO誕生

不動産競売用語をフリーワードで探す



不動産競売用語を50音で探す

 
 
           

このページのTOPへ

facebook

twitter