競売不動産用語の基礎知識 β版

収益還元法(しゅうえきかんげんほう)

収益還元法とは、対象不動産が将来生みだすであろうと期待される純収益の現在価値の総和を求めることにより、対象不動産の収益価格を求める方法である。
賃貸用不動産の価格を求める場合に、特に有効である。

収益価格を求める方法には、①直接還元法、②DCF法の2つがある。

フリーワードもしくは50音で検索してください

最近の登録

競売マンションドットコムPRO誕生

不動産競売用語をフリーワードで探す



不動産競売用語を50音で探す

 
 
           

このページのTOPへ

facebook

twitter