競売不動産用語の基礎知識 β版

所有権保存の登記(しょゆうけんほぞんのとうき)

所有権保存の登記とは、当該不動産について初めてする所有権の登記のことである。この登記が、事後当該不動産の権利変動の登記の前提となる。

区分建物については、表題部所有者から所有権を取得した者も、所有権保存の登記の申請をすることが認められている(不登74条2項)。

しかし、区分建物以外の不動産について、所有権保存の登記を申請することができる者は、下記のとおり法定されている。
①表題部所有者(不登74条1項1号前段)
②表題部所有者の相続人その他の一般承継人(不登74条1項1号後段)
③所有権を有することが確定判決によって確認された者(不登74条1項2号)
④収用によって所有権を取得した者(不登74条1項3号)



【参照文献】
デュープロセス民法・不動産登記法Ⅱ/竹下貴浩

フリーワードもしくは50音で検索してください

最近の登録

競売マンションドットコムPRO誕生

不動産競売用語をフリーワードで探す



不動産競売用語を50音で探す

 
 
           

このページのTOPへ

facebook

twitter