競売不動産用語の基礎知識 β版

相対的効力説(そうたいてきこうりょくせつ)

相対的効力説とは、処分禁止の仮処分の執行につき、将来の執行保全がその目的であり、処分権能の剥奪はその手段に過ぎないと考え、その帰結として、この仮処分によって債務者は絶対的な意味で処分権能を喪失するわけではなく、仮処分に違反する債務者の処分は処分当事者間では有効であり、ただ仮処分債権者に対する関係で且つその権利を侵害する限度で無効であるに過ぎないと考える。

これに対する説として絶対的効力説があるが、現在では、相対的効力説のほうがが定説とされる。

フリーワードもしくは50音で検索してください

最近の登録

競売マンションドットコムPRO誕生

不動産競売用語をフリーワードで探す



不動産競売用語を50音で探す

 
 
           

このページのTOPへ

facebook

twitter