競売不動産用語の基礎知識 β版

破産手続(はさんてつづき)

破産手続は、裁判所の破産手続開始決定と同時に裁判所によって選任された破産管財人が、裁判所の厳格な監督の下に、破産財団を管理・処分して得た金銭を、実体法上の優先順位に従って総債権者に債権額に応じて分配していく管理型の究極の清算手続である。総債権者に公平かつ最大限の満足を与えることを目的とし、また、あらゆる法人および個人が利用可能なところに特徴がある。

なお、破産法は2004年に全面改正され2005年1月1日から施行された。これは旧破産法が1922年(大正11年)に施行されて以来の画期的出来事であった。特に租税債権との関係においては、それを規律する旧破産法47条2項や71条1項に関する改正が重要なものであった。

フリーワードもしくは50音で検索してください

最近の登録

競売マンションドットコムPRO誕生

不動産競売用語をフリーワードで探す



不動産競売用語を50音で探す

 
 
           

このページのTOPへ

facebook

twitter