競売不動産用語の基礎知識 β版

無益執行禁止の原則(むえきしっこうきんしのげんそく)

担保不動産競売は、目的不動産を換価し、その代金により申立債権者に対する弁済に充てることを目的とするものであるから、その目的を超えて目的不動産の所有者に不利益を強いることは許されない。これを無益執行禁止の原則といい、動産執行、債権執行においては、超過差押えが禁止されている(民事執行法128条、146条2項)。

なお、超過売却の禁止は、担保不動産競売における無益執行禁止の原則の1つとされる。



【参照文献】
不動産担保処分/上野隆司・高山満

フリーワードもしくは50音で検索してください

最近の登録

競売マンションドットコムPRO誕生

不動産競売用語をフリーワードで探す



不動産競売用語を50音で探す

 
 
           

このページのTOPへ

facebook

twitter