競売不動産用語の基礎知識 β版

民事執行法49条2項の規定による催告(みんじしっこうほうよんじゅうきゅうじょうにこうのきていによるさいこく)

強制競売手続において、裁判所書記官が配当要求の終期を定めたときは、債権の存否ならびにその原因および額を配当要求の終期までに執行裁判所に届けるべき旨を下記の者に催告することになっている(なお、本条は、担保権実行による競売手続にも準用がある)。

①差押えの登記前に登記された仮差押えの債権者

②差押えの登記前に登記がされた先取特権質権または抵当権で売却により消滅するものを有する債権者

③租税その他の公課を所管する官庁または公署


この通知の到達により、根抵当権者は、第三者による競売手続の開始決定を知ることになる。

フリーワードもしくは50音で検索してください

最近の登録

競売マンションドットコムPRO誕生

不動産競売用語をフリーワードで探す



不動産競売用語を50音で探す

 
 
           

このページのTOPへ

facebook

twitter