競売不動産用語の基礎知識 β版

団体信用生命保険(団信)(だんたいしんようせいめいほけん(だんしん))

団体信用生命保険(団信)とは、ローンを組んだ人に万一の事態があって亡くなったり高度障害を負ったとき、保険会社がローンの残債に相当する保険金を金融機関に支払ってくれるという制度。契約者に対し、ローンサービス提供者が保険会社と提携して生命保険をつけるものでる。保険料は原則的にローン金利に含まれるので、契約者が別途保険料を負担する必要はない。


民間金融機関の多くは、この団信の加入を住宅ローン借入れの条件としているが、一部の民間金融機関とフラット35では、団体信用生命保険への加入が任意となっている。

投資物件を購入する際に組む投資ローンでも団信への加入は可能である。

フリーワードもしくは50音で検索してください

最近の登録

競売マンションドットコムPRO誕生

不動産競売用語をフリーワードで探す



不動産競売用語を50音で探す

 
 
           

このページのTOPへ

facebook

twitter